第39回淀川河川公園杯争奪サンスポ野球大会 supported by リポビタンD(関西地区大会・東海地区大会)締切

大会概要

主催 淀川河川公園、サンケイスポーツ
後援 産経新聞社
特別協賛 大正製薬
協力 ナガセケンコー、ミズノ、オリックス・バファローズ
大会スケジュール 【関西地区大会】2017年 3月 5日(日)~ 6月 11日(日)=のべ 13日間(予定)

【東海地区大会】2017年3月5日(日)~5月21日(日)=のべ10日間(予定)

【西日本代表決定戦】関西地区大会、東海地区大会終了後に行います

※雨天、当日のグラウンドコンディションにより中止、順延することがございます
公式ホームページ http://www.sanspo-kansai.com/
申し込み締め切り 平成29年(2017年)2月6日(月) ※参加料のご入金をもって登録完了となります。
選手登録について 【関西地区大会】
先着順で受付(162チーム)。
当サイトではチームの出場登録のみ受け付けます。
別途、代表者もしくは連絡責任者の方は http://www.sanspo-kansai.com/baseball/baseball_spring38th/.jp/ より登録用紙をダウンロードしお送りください。(25名まで登録可)
別途、組合せ抽選会の案内状をお送りいたします。

【送り先】〒556-0022 大阪市浪速区湊町2-1-57 サンスポ野球大会係 まで
FAX 06-6633-5695

【東海地区大会】
先着順で受付(64チーム)。
当サイトではチームの出場登録のみ受け付けます。
別途、代表者もしくは連絡責任者の方は http://www.sanspo-kansai.com/baseball/baseball_spring38th/ より登録用紙をダウンロードしお送りください。(25名まで登録可)
別途、組合せ抽選会の案内状をお送りいたします。

【送り先】〒名古屋市名東朝日が丘1-1 勝野ビル 3F サンスポ野球大会事務局 第39回サンスポ野球大会東海地区大会事務局 まで
FAX 052-715-3556
第39回淀川河川公園杯争奪サンスポ野球大会について 【第39回サンスポ野球大会 関西地区大会】
近畿圏内で活動する草野球チームがリーグ戦を勝ち抜き、関西ベスト3を目指します。上位3チームはブロック優勝として表彰され、今大会初の試みとなる「西日本代表決定戦」に進出。東海地区優勝チームを交えたトーナメント戦を勝ち抜けば、「西日本王者」の称号に輝きます。

【第39回サンスポ野球大会 東海地区大会】
今回も東海大会が開催されます。こちらはベスト4以上で表彰対象に。さらに優勝すると大阪・枚方市で行われる【淀川河川公園杯争奪 西日本代表決定戦】への出場権を得ることができます。

【第39回淀川河川公園杯争奪サンスポ野球大会 西日本代表決定戦】
淀川河川公園杯争奪のベスト3チームと東海地区大会の優勝チームの計4チームによるトーナメント戦。ここで優勝すると、7月29日(土)に京セラドーム大阪で開催される「東西決戦」への出場権が獲得できます。
試合方式 【関西地区大会】リーグ戦・トーナメント方式

3チーム1リーグでの総当たりのリーグ戦を実施、各リーグ1位はトーナメントへ進出。

【予選リーグ全試合、トーナメント(準決勝まで)】
・7イニングスのコールドゲーム制。1試合90分、ただし、80分を超えて次のイニングに進まない。
同点で試合終了の場合は抽選で勝利チームを決定する。

【ブロック決勝】
・7イニングス制。同点の場合、タイブレーク方式(一死満塁から試合再開)の延長戦を採用し、決着がつくまで繰り返す。コールド制なし。



【東海地区大会】トーナメント方式で実施。

【1回戦~5回戦】
・7イニングスのコールドゲーム制。1試合90分、ただし、80分を超えて次のイニングに進まない。
同点で試合終了の場合は抽選で勝利チームを決定する。
【準々決勝】
・7イニングスのコールドゲーム制。1試合90分、ただし80分を超えた時点で同点の場合また制限時間内であっても7イニングス終了時点で同点の場合は、次のイニングからタイブレーク方式(一死満塁から試合再開)の延長戦を採用し決着がつくまで繰り返す。
【準決勝】
・7イニングス制。同点の場合、タイブレーク方式(一死満塁から試合再開)の延長戦を採用し、決着がつくまで繰り返す。コールド制なし。
【決勝】
・9イニング制。同点の場合、タイブレーク方式(一死満塁から試合再開)の延長戦を採用し、決着がつくまで繰り返す。コールド制なし。



【淀川河川公園杯争奪 西日本代表決定戦】トーナメント方式

【準決勝】
・7イニングス制。同点の場合、タイブレーク方式(一死満塁から試合再開)の延長戦を採用し、決着がつくまで繰り返す。コールド制なし。
【決勝】
・9イニング制。同点の場合、タイブレーク方式(一死満塁から試合再開)の延長戦を採用し、決着がつくまで繰り返す。コールド制なし。
登録メンバーの変更・追加について ①募集受付期間:2016年12月14日~2017年2月6日(月)
参加受付期間中の登録メンバー変更、追加については人数の上限は設けません。
変更する場合は、選手登録用紙を大会事務局へ郵送で再提出してください。
※ただし、登録は1チーム25人までです
抽選会 【淀川河川公園杯争奪 組合せ抽選会】:2017年2月19日(日)大阪市 東成区民センター・ホール 10:00~12:00
当選チーム決定後の登録メンバー変更、追加についても人数の制限は設けません
ただし、変更する場合は必ず選手登録用紙を「組合せ抽選会」で再提出してください。
「組合せ抽選会」以降の変更は認めません

【東海地区大会 組合せ抽選会】:2017年2月18日(土)愛知県内区民センター=予定
当選チーム決定後の登録メンバー変更、追加についても人数の制限は設けません
ただし、変更する場合は必ず選手登録用紙を「組合せ抽選会」で再提出してください。
「組合せ抽選会」以降の変更は認めません
第39回淀川河川公園杯争奪サンスポ野球大会 supported by リポビタンD(関西地区大会・東海地区大会)

大会プログラム

種目 距離 参加資格 参加料
【関西エリア】関西地区大会 7イニングス(西日本代表決定戦・決勝は9イニングス) ①健康な人なら誰でも参加できます。
②関西2府4県(大阪・京都・奈良・和歌山・滋賀・兵庫)と同地域より西に位置するチームが対象です
※関西2府4県より東のチームは東海地区大会、または関東大会が対象になります
※東海地区大会の対象エリアは【東海地区大会】のページをご参照ください
30,000円
【東海エリア】東海地区大会 7イニングス(決勝と西日本代表決定戦の決勝は9イニングス) ①健康な人なら誰でも参加できます。
②東海地方(岐阜県、三重県、愛知県、静岡県)と、中部地方、北陸地方に本拠地を置くチームが対象です。
③関西2府4県と同地域より西に本拠地を置くチームは関西地区大会にご出場ください。
 ※②~③に当てはまらないチームは関東大会が対象です
22,000円

大会要項

募集チーム数 【淀川河川公園争奪】162チーム

【東海地区大会】64チーム
参加資格 健康な方ならどなたでも参加可能。
ただし、プロ野球経験者の登録は2名以内に限る。また、投手として出場できません。
東西決戦 平成29年7月29日(土)に京セラドーム大阪で開催
使用球場 【関西地区大会】=淀川河川敷の各球場(予定)

【東海地区大会】=三重県、岐阜県、静岡県、愛知県内の各球場(予定)

【西日本代表決定戦】=淀川スタジアム(大阪府・枚方市)
参加料 【関西地区大会】
1チーム 30,000円(参加料に審判料と球場使用料を含む)
25名まで登録可
※入金がない場合は参加を認めない場合があります。

【東海地区大会】
1チーム 22,000円(参加料に審判料と球場使用料を含む)
25名まで登録可
※入金がない場合は参加を認めない場合があります。
表彰 【関西地区大会】
チーム=ブロック優勝(3チーム)

【東海地区大会】
チーム=優勝、準優勝、第3位(2チーム)。

【西日本代表決定戦】
チーム=優勝、準優勝、
個人=最優秀選手賞、敢闘選手賞=各1人
肖像権他 ●本イベントで撮影した写真などを、主催以下関係各団体がそれぞれ発行する新聞、ホームページ、広報誌の記事や広告、または放送に使用する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
●上位チーム名、選手名をサンケイスポーツ、産經新聞をはじめ新聞紙面等に掲載します。
●記入いただいた個人情報に関しては、弊社主催後援大会の案内等を送付する場合があります。
免責 主催、後援、主管、特別協賛、協賛、協力、運営協力の各団体及び支援グループは参加者に対し、大会前後、試合中の事故には応急手当以上の責任を負いません。この点を承知のうえで参加し、安全かつ楽しくプレーしてください。