第7回 ~家族を歌う~河野裕子短歌賞受付中

大会概要

エントリー
募集部門 《家族・愛の歌》 家族や愛する人に贈る歌、家族と自分、恋や愛を詠んだ歌 《自由詠》 題材を限定しない 《青春の歌》 中高生の短歌を募集。恋の歌、家族の歌、そのほか、テーマは自由
選者 永田 和宏、池田 理代子、俵 万智(敬称略) 青春の歌担当:東 直子(高校生部門)、島田 幸典(中学生部門)(敬称略)
各部門:河野裕子賞、産経新聞社賞、京都女子大学賞 ほか 全部門より:選者賞(各選者) 《青春の歌》では優れた作品を多数投稿した学校を最優秀校賞として表彰
投稿注意事項 作品はいずれも自作未発表(平成30年10月末日時点)に限る。
投稿方法 専用用箋またはハガキに作品と必要事項(部門、住所、氏名、電話番号、 入金方法、作品掲載希望の有無)を明記して郵送。用箋は事務局に請求。 WEB投稿も受け付ける。 《青春の歌》学校単位はメール投稿推奨(公式WEBページから推奨書式をダウンロード)。郵送の場合はA4判用紙ヨコ置きにタテ書き、応募票添付。個人投稿は体裁自由。
作品送り先 〒556-8662(住所不要)産経新聞社事業本部 「河野裕子短歌賞」係
募集締め切り 平成30年8月17日(金)必着 《青春の歌》は9月10日(月)必着
投稿料 《家族の歌・愛の歌》《自由題》は1首1,050円(消費税込)、受け付けは2首から。 《青春の歌》(中高生)は無料。1人2首まで。
入金方法 ① ゆうちょ銀行の振替(払込取扱票使用):加入者名:産経新聞社 口座記号番号:00920-7-242641 ② 定額小為替:ゆうちょ銀行の小為替を作品と同封して郵送。
発表 平成30年10月、産経新聞紙上(予定)
表彰式 平成30年11月、京都女子大学(予定)
作品掲載 《家族・愛の歌》《自由詠》の投稿者全員と《青春の歌》入賞・入選者に、入賞・入選作品と、希望者の作品を掲載した「選歌集」をお届けします。選考結果によらず、掲載を希望される場合(「投稿作品」として掲載し、入選作品とは区別します)は、掲載費用として1050円(消費税込)が必要です。
お問い合わせ 〒556-8662 産経新聞社事業本部「河野裕子短歌賞」係 TEL:06-6633-9274  FAX:06-6633-2293
第7回 ~家族を歌う~河野裕子短歌賞

大会プログラム

種目 概要 参加資格 参加料
2首(作品掲載なし) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 2,100円
2首(作品掲載あり) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 3,150円
3首(作品掲載なし) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 3,150円
3首(作品掲載あり) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 4,200円
4首(作品掲載なし) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 4,200円
4首(作品掲載あり) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 5,250円
5首(作品掲載なし) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 5,250円
5首(作品掲載あり) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 6,300円
6首(作品掲載なし) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 6,300円
6首(作品掲載あり) 家族の歌・愛の歌、自由題 18歳以上(中高生は《青春の歌》にご応募下さい) 7,350円
エントリーはこちらからしてください。 エントリー

大会要項

主催 産経新聞社
共催 京都女子大学
後援 京都府 京都市 滋賀県湖南市 京都府教育委員会 京都市教育委員会 湖南市教育委員会 サンケイスポーツ 夕刊フジ フジサンケイビジネスアイ 関西テレビ放送
特別協力 現代歌人協会 日本歌人クラブ
協力 角川『短歌』 NHK出版 短歌研究社 青磁社